お金をかけず、半年で2倍以上のアクセス数に

Aug 18, 2014     小泉 耕二   0 Comment     おすすめ, コンサルティング

SEO対策って知ってますか?

検索エンジンからのサイト流入が多いことから、検索エンジンのロボットとにとって読みやすいホームページ作りをすることで適切なキーワードで検索されるということを目的にした施策のことをSEO対策といいます。

以前は被リンクといって、外部のサイトからのリンク数が多いことが重要だったのですが、そういう人工的な?施策はだめということで最近はきちんとした文法で中身があるサイトをつくれば検索エンジンは正しく拾ってくれるという、中身の充実したサイトを作ってて、検索エンジン対策にお金をかけたくない人にとっては素晴らしい状況になってきています。

これを読むとまじめにSEO対策を安易にやれないことに気づきます。

検索エンジン対策(SEO対策)はやるべきか?

絶対にやるべきです。

同一サイトで広告出稿もしながらアクセスを取得していましたが、圧倒的に検索エンジンからの流入が多い状態でした。

サイトの中身に自信があるなら、絶対に検索エンジン対策をしましょう。

では、何をやるべきなのか?

細かなhtmlに何をかけばよいか?という手法論はほかの書籍にも書いてあるので、私が感じたもう少しビジネスよりな視点でのやるべきことを書いていこうと思います。

1.ページの題名と中身を慎重に、かつ丁寧に考える

どういう検索キーワードがどれくらい検索されるか?については、キーワードアドバイスツールなるものがあるので、それを見ればすぐにわかります。

自分がそのページで表現したいことが、検索回数の多いキーワードだとラッキーです。

ここで表現上のキーワードの選択となるのですが、大抵はh1タグでかこうところが重要なので、例えば、「今川焼き」。地方によっては「大判焼き」といったり、「回転焼き」と言ったりする。

最近googleで検索していると、そういう「言葉のゆれ」は検索エンジン側で大部分を吸収してくれているようだが、やはり検索数に差がある以上、どの名前で呼ぶかは大きく異なる。

題名が決まったら、本文を書くのだが、本文もページ毎にユニークで、情報に厚みがある方がよい。

例えば、タイトルを「今川焼き」にしようとなったら、「今川焼きとは?」「今川焼きの歴史」「今川焼きトリビア」なんかがあって、今川焼きのお店一覧が出てくるような構造がよいとされます。

CGMと呼ばれるユーザ投稿型のサイトを作って、とりあえずページ数を増やしても、こういう地道なページの方が価値があるのだ。

2.インデックスを明確にする

サイトが大きくなると、インデックスが多階層になることがしばしばある。

ユーザ視点からすると調べづらかったりするので、調べたいことにさくっと行けるようになりたいものだ。

そこで、多くのサイトがサイト内検索の機能を持つようになる。

一方で、本来インデックスされた情報というのは、検索エンジンにとって理解しやすい。論理的だから当然といえるだろう。

この一つ一つのインデックスに、先ほど書いたような丁寧な題名と内容を詰め込んでいくことが、事実上の近道だといえる。

3.大切なキーワードはなるべくサイト上部にかつ、すべてのページに

ウェブサイトは大抵、ヘッダー、本文、フッターという構成になっていると思うが、このヘッダーという部分に絶対検索されたいワードを入れることを心がけるとよい。

正直これは私も難しかった。

入れたいワードが多いわりには、ヘッダの領域が狭いからだ。

検索エンジン対策(SEO対策)は、つねに、スペースやわかりやすさとのせめぎあいにあう。

あきらめて、露出を抑えるというのもわかりやすさを得るためには必要な決断かもしれない。

4.検索エンジンやソーシャルメディアに画像を露出させる

サイトを作る際、特別なタグを埋め込むことで、検索エンジンやソーシャルメディア上で画像を表示させることができる。

案外対応されていないサイトが多いが、実際に検索してみれば、一目瞭然で、画像がある方がクリックしたくなる。

こういう細かな対応が露出に差をつけるといえる。

5.被リンクはいらないというが・・・

被リンクは不要と前述しましたが、私はそれなりにメジャーなサイトであれば効果があるのではないか?と感じております。

例えば、Yahoo!トピックスに掲載されるなど、公共性があったり、それなりに選別してコンテンツを掲載しているニュースサイトに掲載されることは有益であると考えます。

検索エンジンの見地からしてもですが、実際は、そのような人が多く集まるサイトに取り上げられるということ自体にビジネス的な意味が大きいと考えるからです。

実際SEO対策をかなり真面目ににやってみて

そんなこんなやってみて、誤解を恐れずにいうと、正直普通のサイトでは無理だなと感じました。

個人でSEO会社を名乗っている人も何人か知り合いがいますが、話してみると最新情報をキャッチアップできていない方もいるようです。

インターネットに乗っている情報も半分くらい古いと思ったほうがよさそうです。

それでもやるべきことがあるとすれば、ちゃんと中身のあるサイトを、わかりやすく記述するということに尽きると思います。

もちろん、大規模なサイトや、メディアとして収益を上げるべきサイトは、最新情報を追っかけてやるべきでしょう。

私が実際にとあるサイトでやった成果としても、題名の通りで半年で倍以上でした。もともと数百万PVのオーダーのサイトだったので、かなり成長したといえます。

結局サイトへの主な流入って、

  • 検索エンジン
  • ブックマーク
  • ソーシャルメディア

となると思うのですが、検索エンジン対策以外は、如何にコンテンツが魅力的か?に依存するかが焦点になります。

ここまで読んでくださった方は、むしろ、検索エンジン対策自体、コンテンツの魅力を問うてる感じがしますよね?

そういうと、そんなこと言ったら、簡単にPV数の多いウェブサイトなんてつくれないじゃないの~と言いたくなる人もいると思います。

そうなんです。有益でないサイトはつくらないほうがよいのです。

これが検索エンジンとのお付き合いにおける、冷たい現実です。

検索エンジンはインターネット的か?

しぶい結論でおわりましたが、いかがでしたでしょうか?

それだけインターネットには情報があふれていて、それだけ嘘や間違い、公共性のない情報が氾濫しているということです。

そして、それがインターネットの世界だともいえるでしょう。。

Yahoo!が一世を風靡した時、かれらはディレクトリーサービスといって、たとえば、コンピュータ関係の情報というインデックスの下に、OSとか、スマートフォンとか、ディレクトリを並べることを延々やってました。サイトをチェック、審査してです。

そうすると、情報が氾濫するとやりきれなくなって、微妙にユーザのニーズをくみ取るには、大雑把に並べるからあとは好きに選んでよ!という検索エンジン的発想が生まれました。

インターネットのようにすそ野が広いサービスではこの仕組みはあっという間に広がり、Google社は時代の寵児となりましたが、結局公共性がでてきて整理整頓を始めてます。

つまり、機械の手を借りたディレクトリーサービスに向かっているといっても過言ではないでしょう。

本当に自由で、管理されないインターネットらしさというのは、もしかしたら、2ちゃんねるや、ニコニコ動画の方がインターネット的なのかもしれませんね。

まとめ
検索エンジン対策は絶対にやったほうがよい
中身のないサイトを作ってもアクセス数は伸びない
検索エンジンは、結果インターネット的ではなくなってきている

Comments are closed.