TOPICS

「IoT/AI時代のロジスティクス」をテーマにセミナーを開催しました

ロジスティクス

「物流」をテーマにした大和ハウスのテレビCMが世間の注目を集めているようだ。

キャッチフレーズは「物流にAIを」。AIという言葉には「人工知能」と「愛」の二つの意味が込められている。そのテーマを、カウボーイに扮した俳優の役所広司が歌とダンスで表現するというものだ。

キャッチーで印象に残るこのテレビCMだが、ビジネスの面においても、とても重要なメッセージを語っている。

IoTNEWSの運営母体である株式会社アールジーンは、IoTやAIに関連するさまざまなテーマで毎月セミナーを開催している。2月のテーマは「IoT/AI時代のロジスティクス」だった。

そこで登壇した、大和ハウスグループの株式会社ダイワロジテック 代表取締役社長 秋葉淳一氏は、「物流にAIを」というテーマの背景について、次のように語った。

「物流業界は労働力不足が問題だと言われるが、それは課題の一面にすぎない。大事なのはそこで働く人だ。物流業界はこれまで新3K(「きつい」「給料が安い」「帰れない」)と言われてきた。物流はもっと魅力的で働きやすい業界に変わらなければならない。IoTやAIを使って、それが実現できる」

AIと言えば、「AIは人から仕事を奪う」というようなネガティブな文脈で語られることも多い。しかし、物流のように労働力不足が深刻となっている業界においては不可欠な手段となってきている。

さらには秋葉氏が指摘するように、物流業界をより魅力的にし、そこで働く人の環境を大きく向上させるチャンスとしても期待されているのだ。

では、そのIoTやAIの実装は具体的にどこまで進んでおり、これからどのように変化していくと考えられるのだろうか。

2月に開催したセミナーでは株式会社ダイワロジテック、株式会社日立物流、ユーピーアール株式会社の3社が登壇し、最新の事例や今後の構想が共有された。

物流/ロジスティクスといっても幅広い。セミナーでも話題は多岐にわたったが、焦点となったのは「物流センターの効率化・自動化」だ。

次世代の物流センターでは、ヒトがこれまで行ってきた作業をAIやロボットで自動化することが目指されており、その取り組みは既に始まっている。それにより、ヒトは付加価値の高い業務に移行し、物流センターが”魅力的で働きやすい環境”へと変化していくことが期待されている。

その取り組みはいま、どこまで進んでいるのか。各社の事例に紐づきながら解説していく。

IoTとAIで物流センターはどう変わるのか[Premium]

関連記事

コメントは利用できません。
IoTAI事業支援サービス

TOPICS

  1. hannovermesse2018
    4/26-4/30まで、ドイツハノーバーで開催された、ハノーバーメッセ2018を取材いたしました。
  2. フジテレビ プライムニュースα
    4月から名前が変わったフジテレビ NEWS α、改め「PRIME NEWS α」にて、SONYの新し...
  3. 東洋経済セミナー
    東洋経済が主催し、トヨタが協賛しているイベント、「Hello Connected World」に登壇...
  4. IoTエンジニア養成読本
    「IoTエンジニア養成読本(技術評論社)」のエピローグ:未来展望の章を寄稿いたしました。
  5. IoT推進ラボ
    ハートキャッチの西村真里子氏がモデレータを務め、慶応義塾大学の夏野剛氏、Cerevo岩佐琢磨氏、池澤...